--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



2011.11.13

気づいたらツイッターで灯台下暗しになっていたローカル情報のお話

先日わたしがTwitterでフォローしている数少ない地元のユーザーが
ローカルなイベントの情報をRTしていてふと気づいた。

3年前にツイッターを始めてこれまでリアルとはまったく切り離してやってきたけど、
気づけば周りのリアル(=現実社会)の人たちもTwitterを始めていて
情報交換が行われていてそういうローカルな情報を取りこぼしてたんだねえと。
まさに灯台下暗し。こういうひとは私に限らず意外と多いと思う。

わたしはローカルなひとや情報源はほとんどフォローしてなかったんだけど、
Twitterを始めた3年も前とは状況も違うし周りのリアルの人たちも
ツイート数は少ないにせよそりゃアカウントくらい持ってますよねっていう。

東京みたいに人がワサワサいるところに住んでいるひとは
ある程度ローカルなアカウントをフォローすることに対して、
それほど気にしなくてもいいのではないかという気がする。
それが地方のような絶対数の少ない地域になると、
ある1人と繋がると芋づる式に知り合いが掘り起こされるということもある。
これはTwitterの利用度やフォロー先をリアル中心で
形成しているかどうかということでもあるんだけど。
いずれにせよ地方ほど身バレ率が上がるわけです。

話をすこし脱線させると、私のところみたいな大いなる田舎では
現在ネットに載ってる情報よりローカルな人たちの
ローカルなやりとりの方がよっぽど有用(鮮度が高いという意)で、
数周遅れてそれがネットに上がるということがしばしばある。
食べログなんて絶好の例で、良いお店はたくさんあっても
一般のひとはお店の存在も知らないし載らない。
そういう人は入りにくい個人店より無料駐車場もあって
何でも揃う郊外のモールやロードサイト店舗に行くんですよね。

私はとあるイベントのツイッターアカウント運営を手伝ってみて、
本当に伝えたい外側のひとには全然届いてなかったなあという印象が強かった。
皮肉なことにTwitterを楽しんで使いこなしているひとの中には
居住地や属性を明らかにしてないひとも多いんですよね。
そういう人こそローカルなイベントを知ってもらって来てほしかったという気持ちはありました。

そういう中の情報を発信しても結局その周辺の狭い人たちの中でしか共有できてなくて
外側のひとには伝わらない。そもそも需要があるのかもわからない。
自分で情報を取りにいけるような人たちは各自で見つけていくからいいんだけど、
そういうじゃないひとたちに伝える(必要があるかどうかも含めて)
にはどうしたらいいんでしょうねっていう。
ローカルなひとたちのローカルなネットワークの外側にいるひとっていう意味で。
例えば別の地域から移り住んできたひととかね。

話を戻すと、リアルな関係から距離を置いてTwitterをやっていたら
無意識に中央からの情報ばかりに偏っていましたよというお話。
しかもこれに陥りやすいのはどちらかというと情報をガンガン自分から探し当てて
Twitterでも自分だけのTLを形成して使いこなしている人というのが面白い。

ローカルなアカウントも探せばけっこうあるんだけど、
もうずっとツイートしてなかったり週に数回だけだったりで
ここはうまく運用してると思えるものはほとんどなかった。
どうしても東京発の情報に量で圧されてしまうけど、
なんだかんだで探せばどこかに情報は出てるんだよね。
検索キーワードに何て入力すればいいか分からないだけ。
情報を出す側も見つけにいく側も素人だからお互い出会えないんだろうな~。
いくらグループ分け機能とか作ってもそりゃ使いこなせませんって。

私は最近別アカウントをつくってそこで地元の情報源をフォローするか
メインのアカウントでリストに入れて運用するか模索を始めたところ。
ただネットのアカウントなりハンドルでそれをとりに行くのはちょっとアレですねという。
振りだしに戻りました。



[Google Ad]



スポンサーサイト

[Google Ad]



Posted at 10:21 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2010.05.04

Twitter(ツイッター)の取扱説明書まとめ

このブログに訪問されているTwitter(ツイッター)関連のワードを検索していますが、
今年に入って関連の記事をいくつも書いてきているので
ここではそれらをまとめてもう1度ご紹介しておこうと思います。

下には初心者/中級者向けなどと書いてありますが、
ある程度ツイッターをやっている方になら
どなたでもだいたいの意味が分かるように書いてあるつもりです。

Twitterをはじめよう(挫折しないためのチュートリアル)」 - 初心者向け
ツイッターを始めても登録してから何をやったらいいか分からず、
多くのひとが挫折しています。
この記事では、そういう方のために最初に挫折しやすいポイントを押さえて
ツイッターのはじめ方や楽しみ方をなんとなく掴めるように説明しています。


ふぁぼる の意味とは…?」 - 初心者向け
この記事はツイッター関連の記事の中でもっとも最近に書いたものですが、
ツイッターの使い方をなんとなく理解した頃に疑問に思う方が多い
「ふぁぼ(fav)り」の意味を説明しています。


Twitterを再スタートしよう!(基本編)」 - 初心者&中級者向け
1番最初に紹介したチュートリアルの記事と重なる部分もありますが、
ツイッターをやっていて最初は分かりづらい雰囲気空気感
出きるだけ分かりやすく解説した記事です。
6の項ではふぁぼりについても詳しく説明しています。


Twitterを再スタートしよう!(番外編)」 - 中級者向け
リプライや公式RT/非公式RTなどさまざまなリプライや返信引用について
出来るだけ分かりやすく解説しています



単にツイッターの使い方といっても、誰をフォローするかによって
百人百色のタイムラインが出来上がるのがこのサービスの良さでもあります。
ただフォロー数を増やしていくことだけに主眼を置いていては、
ツイッターを楽しみや雰囲気を感じることはできません。

自分が積極的につぶやくことはもちろんですが、
いかに自分がフォローしたいひとを見つけるかが
ツイッターを始めたひとの1つのポイントになるかと思います。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 16:35 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2010.02.08

ふぁぼる の意味とは…?



ふぁぼるというのは、つぶやきの右側にある☆(星のマーク)をクリックしてお気に入りに入れることを言います。
ちょうど上の画像だと赤で囲んでいる部分です。
☆をクリックすると星の色が黄色に変わります。

英語のfavorite(お気に入り)からきた意味で、favるともいいます。




[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 01:45 | Twitter | COM(1) | TB(0) |
2010.01.20

Twitterが落ちたぁ…



Twitter(ツイッター)さんが落ちてるみたいです。


クジラさんひさしぶり!会いたかったよおおおおおおおおお!!!!(´;ω; `)

…ちがう。

えーと、わたしのクライアント(TweetDeck)では20時42分までのポストで止まってます。

Twitter Statusにも障害情報が掲載され、現在復旧を行っているようです。(21時25分現在)

とりあえずひさしぶりにクジラさんにお会いできて光栄です。元気だった??(σ・∀・)σ

(違うか…。)

これだけ落ちるのもひさしぶりですね。

いいもん、Amebanなうに逃げちゃうんだもんねっ!!(誰もいないけど…!)

【23時00分追記】
まだWEBは少し不安定みたいですが、確認する限り21時45分ごろ復旧した模様です。

ハイチでM6.1の余震が発生した事によりアクセスが集中したことも要因の1つになった可能性もあります。


下記のAPI Statusでも各種グラフなどを確認できます。

http://api-status.com/




[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 21:22 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2010.01.15

Twitterをはじめよう(挫折しないためのチュートリアル)

テレビなどでTwitter(ツイッター)というサービスを知り、
「はじめてみよう」と思った方も多いはず。
しかし、さまざまなデータによるとTwitterをはじめたユーザーの大半が挫折しています。
しかも始めてすぐに。
そこで今回はTwitterをスタートしてまず挫折しやすいポイントだけを重点的に解説します。
このサイトを読みながらユーザー登録していけるようになっています。

なお、ここで説明する内容は、Twitterの挫折しやすいポイントを意識した上で
このサービスのアウトラインをなんとなく実感しやすくすることに主眼を置いています。


①ユーザー登録

まずは、画面の説明にしたがってユーザー登録をします。
登録をするときに日常生活での友人・知人に自分のアカウントを知られてもよいのか、
それともインターネット上だけのものにするのか決めましょう。
(※ 一般的に国内のTwitterユーザーは、そうしたリアルの
   友人・知人などからは切り離して楽しむことが多いです。)

主な入力項目は下記のとおりです。

名前
これはプロフィールの名前に表示されます。(※あとで変更できます)

ユーザー名
いわゆるIDです。あとで変更もできますが、覚えやすくあまり長くない方がよいです。

自己紹介
長くならない程度に自分らしさが出ている紹介を簡潔に書きましょう。

現在地
住んでいる市町村や都道府県名などを書きます。細かく書く必要はありません。(例:都道府県名)

その他パスワードやメールアドレスなど必要項目を入力していくと、
おすすめのユーザーが表示されます。気に入ったユーザーがあれば選択します。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 04:49 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2010.01.10

Twitterを再スタートしよう!(番外編)

logo_twi


1. はじめに

前回の Twitterを再スタートしよう!(基本編) では、
ツイッターを始めてみたけど「よく分からない。」「挫折した。」という方に向けて
初歩的な用語解説だけに終始しないよう
実際にスタートしてみたものの初めての方には少し分かりづらい
というポイントを重点的に押さえることができるよう
出来るだけ分かりやすく説明したつもりです。
なぜならTwitterを始めようと登録してみたものの
入り口で断念するユーザーが非常に多いからです。
Twitterは米国発のグローバルなコミュニケーションツールですが、
日本では言語や文化などとの違いから少し独自のツイッター文化が芽生えています。

そこで今回は、そうした一般的な説明には詳しく書いていないけど
ユーザー間でも話題に上がったりする
意識の違いのような点をRTやリプライの話を軸に、
アクティブユーザーの主観でこの分かりにくさを解説してみたいと思います。

ここでご紹介する他にもリプライやRT等の方法はユーザーによって色々ありますが、
この記事で説明したいのは主に内面的な(リテラシー)部分
ですのであまり細分化して説明することはしません。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 04:49 | Twitter | COM(1) | TB(1) |
2009.11.04

Twitterでの地域情報ハブ化の可能性について

logo_twi


ちょうど今夜(4日)、TX「ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)」で、

数ヶ月ほど前から話題になっている 美少女図鑑 というフリーペーパーについて取り上げられていた。


ちょうど3週間ほど前にとあるきっかけでこのエリアでも美少女図鑑が発行されたのを知り、

その場で現物もパラパラとめくって一通り見せていただいた。

ふと思ったのは、「この冊子の収益源はドコなんだろう?」ということ。

特に興味があったわけではないので、その後ネットで検索するなどはしていなかったので、

今夜の放送で 美容室がコストを負担 しているということを初めて知った。


ここ数年、特定の地域やエリアで発行されるフリーペーパーはかなりの数あるのだけれど、

どの美容室もそこに掲載される広告で競っていて、今や 割引クーポン合戦 になっているとの事。

そこである意味での消耗戦ではなくて、その美容室がカットなどを手掛けた女性をモデルにして

ページの中に美容室の情報だとかを載せて宣伝効果を狙っているのだとか。

それに加えて、近年になって若者の地元志向が強くなっていて

自分たちが生まれ育った地方から大都市に出て行くとかグローバルを求めるのではなくて、

そのエリアに住んで自分らしい生き方をするといった傾向がみられるという。


つまり、そこに住むごく普通の女性が取り上げられるこの美少女図鑑は

そういったニーズも拾っていると番組内では説明していたように思う。


それを見て私は、地域のフリーペーパーを発行しているような編集部が

地域のイベントだったりお店の情報をTwitterで呟いたりはできないかな、とふと思った。

ふとした思いつきではあるのだけれど、

とりあえずざっくりとしたアウトラインだけでも以下にメモしておく。

------------------------------------------------------------------------------

まず、その街のイベントやお店のイベント情報といった情報を、

タウン情報を発行している編集部なんかがTwitterのアカウントをつくって

Twitterの中で 補完的に つぶやくことについて考えてたんだけど、


①そもそもツイッターを知らない(編集部/利用者双方)

②現在のところユーザーや効果が明確でない

③締切に追われつぶやくヒマもない

④雑誌の紙面との情報競合の可能性



なんかが頭をよぎって詰まるなど。


ここではそもそもスタートが  Twitterでつぶやく という前提ではあるのだけれど、

あくまで私の個人的な意見だけど、タウン誌や各種の広報やブログなんかは

発行する日が月に1度とか決まっていたり、サイトまで見に行かないといけなかったり

みたいな理由で情報が伝わりきらない可能性があるので、

そういうユーザーに対する とり溢(こぼ)し に対しての

メールやタスクなどのリマインダー的な使用として利用出来るのではないかと思った。


例えば、「今夜~で市が後援する無料の講演会があるけどまだ空きがある」とか

「あそこのバーで今夜ハロウィンパーティー」があるよとかいう、

見逃してたり、忘れてたり、知らなかったりしたといった とり溢し した層を拾う

リマインダー とか 回覧板 みたいな使い方。


もちろん現状でも個人レベルでユーザーが見つけた情報をつぶやいて共有できることもあるだろうし、

一部では県庁がツイッターをやってたりもするんだけど、

そうしたアカウントから発信されなかった情報の中で 見えなかった 情報や、

ある段階で 網からもれてしまった 情報なんかを、

例えばタウン情報誌みたいなところが発信するとかいう話。

つぶやきのフッターにURLをつけてタウン情報誌なんかが運営するサイトに

一部誘導したり出来れば二次的な広がりや広告バナーをクリックしてくれる人もいるかなと。


つまり、タウン誌にもイベント情報なんかがあるんだけど、

だいたい月刊だったり隔月だったりすることが多いと思うので、


①雑誌の中で見たけど忘れてた層を拾い上げる

②リマインダー的に拾い上げる



という共存ならあり得るかなと思うし、

「今夜~のお店でビールが半額」みたいな、これまで出てこなかった

細かい情報情報も可視化できるんじゃないかな、と。


フリーペーパーの編集部にいる人ってやたらとそういう情報が集まってくるんだよね。

「ここの居酒屋で~だった」とか、「~でこういう集まりがある」とか。

紙面にまではならないしWEBでも掲載したけど、当日にまだ人数に空きがあるみたいな。


ここまで来て、「別に個人レベルでもいいじゃん」っていうのはあるんだけど、

個人で全部やろうとすると、 どこか から情報を引っ張ってくることになって

それを継続的にやるというのは厳しいかなと思うし、

あくまでローカルな情報だから、そんなコトばっかり呟いてると、居住地がバレる

別に構わないというならいいけど、それが広がると色々と面倒だし、

たとえそうした情報をつぶやく専用アカウントを作ったとしても

その情報はどこかの雑誌やらサイトやらから引っ張ってくることになって、それらを 食う ことになる。

あともう1つは、素性バレするということに関連して、

Twitterを使っているユーザーってあまりリアルの友人や知人にそれを明かさずに、

どちらかと言うと 自由気ままに つぶやいていたいという人が多いと思うから。

ま、フォロー先を見ればバレるんだけどね。


ここら辺の フォロー先を見ればバレる という問題点なんかは、

もっと先に何らかのカタチで解消される可能性はあるんじゃないかなとは思ってる。

今のツイッターとは違う、もっと違ったカタチに発展されるなり改良されるなり。

ディテールまでは分からないけれど。



ここまであくまでも Twitterを使う という前提だったけど、

ユーザーにいわゆる情報に敏感だったり積極的だったりする層が多いという観点から、

そういうのは ナシ ではないんじゃないのっていうあくまで独り言。ぶつぶつ。


別にTwitterじゃなくても他サービスを活用してもいいしね。

ただ、これは他の方もTwitterの中で言っているけど、

Twitterが今後、単なる サービス というんじゃなくて、ある意味での インフラ 的な色合いが

もしかしたら強くなってくるんじゃないかな、と私も思うので。あくまで1つの例。



ここからは少しズレるのだけど、何でこんなこと思ったかというと、

そもそも自分の住んでる街の情報を どこで 入手したらいいか分からないとか

そういう存在を そもそも知らない 人ってかなりいるんだよね。

もちろんさっきの話はTwitter でっていう前提があってのことだけど、

もう少しそこら辺のユーザーを拾い上げられないかなと思ったので。


たとえ自分の住んでいる街のことに関心がなかったり、知らなかったりしても、

行政や関連した組織や団体って意外とイベントを開いていたり情報を発信していて

市民にも全然認識されてないないモノがかなりある。

でも、その中には有益な情報ってけっこうあるんだよね、知らないだけで。

東京みたいに情報や人や物が集まるような都市ならいいのかも知れないけれど、

地方都市っていうのはそういう情報が 点在 してはいるんだけど、

認知や浸透してないモノが山ほどあって、なかなか 集約されにくい っていう問題点がある。

もう少し言うと、近郊の地方都市から大都市に出掛けていってというのも良いけど、

もし同じ情報だったりある人にとって有益な情報が もっと身近なところ で手に入るとしたら

それは良いことだし、それがきっかけで地元や地域間のパイプが出来たりして

そうしたハブとしての機能をもっと掘り起こしていきたいっていう想いがあるので。

------------------------------------------------------------------------------

以上まとまりがないですが、メモ程度に。


【2009年11月5日追記】
テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)のサイト内で

この記事でも書いた美少女図鑑の特集オンエア分を視聴できます。

[動画]若者のジモト主義が 地方を救う!? - WBS(テレビ東京)




[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 03:30 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2009.10.16

Twitterとラジオが融合する??




Twitter(ツイッター)を普段からアクティヴに利用していて、

「こんなにも感度の高い方がいっぱいいるんだ…!」

っていう事実にただただ驚かされます。


デルタルな情報だったり、デザインだったり、色んな考え方だったりetc・・・

それぞれアンテナを立てている方向やキャッチする情報は違ったりするんですが、

Twitterで流れてくるタイムラインをしばらく眺めていると

「これいいね!」っていうトピックにたくさん遭遇します。


私は以前からラジオに関するブログ記事を書いたりして、

最近では以前ほど番組をたれ流して聞いているということはないんですが、

こうしたインターネット上のコミュニケーションツールと

音声(つまりラジオ)のメディアミックスを上手くできないかな、と何年か前から考えています。

黎明期のネットラジオやポッドキャスティング、スティッカムやUstreamなど

すでにいくつものサービスがWEB上には展開されていますが、

私が思うに、いまだピッタリとはまるカタチが見つけられずにいると思うんです。

ただ、今のところ私が知っている中ではスティッカムなんかで喋りながら

メッセージテーマなんかを書いたフリップをウェブカメラで映しているスタイルが1番近い気がします。


確かにTwitterやネットをアクティヴに利用される方は「知ってるよー」っていうサイトでも

それほど知らないユーザーの方がまだたくさんいるはず。

ここまで来ると、じゃあまずインターネットをどれくらい利用するかとか

ラジオを普段からよく聞くのか云々っていう入り口の話になっちゃうんですが。


とにかく、本当ざっくりとしたイメージではありますが、

動画だったらGyaO!があるよね くらいの浸透は欲しいなとか思いつつも

ある程度の総合商社や総合デパートくらいのサイトがないように見えるので、

そこに小さな穴を開けたいとか生意気なこと思ってます、はい。(ごめんなさい。)

(GyaO!もYahoo!Japanと提携してからはコンテンツが充実しているとは言えない状況ですが。)

こんなこと言いましたが、脳内妄想が100%なので気にしないでください。


話は変わりますが、少し前に

「ラジオもカーステレオで聞くだけではなくて、家でもよく聞いてもらえれば、

1つひとつの番組をしっかり作りこんでいるしコンテンツとしてもっと認知して貰いたい。」

といった類の発言をあるラジオ関係の方が話しておられたのを記事で読んで

「確かに!!!」「私もそう思う!!」と思うと同時に「でもどうしたら・・・」といつものように考えていました。


Twitterのタイムラインを読んでいると、ラジオを聞く方も意外といるんじゃないかな??

という気がしないでもなくて、

元々アンテナを伸ばしている感度の高いユーザーさんが潜在的に多いことを鑑みると、

Radio + Twitter というジョイントもナシではないのかも??と少し感じたりしてます。

もちろんあくまでラジオの番組というコンテンツありきの話で、

その上かそれに付随する形でSNSやTwitterというサービスを活用できないかという話です。



これは上記の話とは一切関係ない余談ですが、

ブログのデンプレートやデザインを変更したいとずっと思いつつ
腰が重くてまったく手をつけられていません。

もちろん私が思ったことを発信しているわけではありますが、

もしここに書いてある内容で何かの参考になったりしてくれればそれはとても嬉しいので。

なので、今度はもう少し訪問してくださる方が読みやすいようなデザインに出来ればと思っています。

【2009年10月17日追記】ブログのデザインを変更しました。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 22:10 | Twitter | COM(0) | TB(0) |
2009.10.10

Twitterを再スタートしよう!(基本編)

logo_twi

1. はじめに

イラン騒乱で話題になったTwitter(ツイッター)を皆さんはご存知かと思います。
最近では国内でもTBS「ざっくりマンデー」や
TX「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など日本のテレビや
ニュース番組でも紹介されて試しにアカウントを作った方も多いのでは・・??
Twitterをやってみたものの面白さが分からず 放置プレー になってしまったり
アカウントを削除してしまったりして挫折した方はけっこう少なくないです。

Twitterをいざ始めてみても何だか
壁が高いように感じられてしまうことも多いかと思います。
そこで今回はアクティブ・ユーザーの視点から
独断と偏見に基づいてTwitterを少し紹介します。
Twitterを少しやってみたけど「よく分からなくてやめちゃった。」という心が折れた方で
「もう1度スタートさせてみたいけどどうしたら・・」
という一念発起に適した内容になっています。

文末には記事中で紹介したサイトをまとめて掲載していますので後ほどご確認ください。

これからTwitterを始めようという初心者の方のための記事も新たに書きました。
下のリンクからご覧いただけます。
Twitterをはじめよう(挫折しないためのチュートリアル)


2. まずフォロー数を増やしてみる

何と言ってもTwitterの最大の魅力はその「ゆるさ」です。
ただ積極的に興味を持ったユーザーをフォローしても、ただ読んでるだけだったり、
コミュニケーションを取らなければ1人でブツブツつぶやいているだけになってしまいます。

フォローというのは、ほかのSNSなどで言うところの友だち登録や
ブログの読者(購読)登録だと思ってもらえば分かりやすいのではないかと思います。
初めて登録する際にはオススメのユーザーが表示されますが、
全員をフォローする必要はありませんし、
既に彼らはかなり多くの方からフォローされていますので
初めてユーザー登録してその「ゆるさ」を実感するのには
もう少し身近なフォロー/フォロワー数が数10人~300人前後
気になったアクティブユーザーを探すのがよいかも知れません。
(フォロワー数とはフォローされている数のことを言います)

フォロワー数よりもフォロー数がかなり多かったりすると躊躇する方もいらっしゃいますが、
ポストしている内容やその人のお気に入りポストなどを見てみて
自分自身が興味を持てば、(宣伝目的などを除いて)さほど気にする必要はありません。

Twitterを始めたばかりでまだフォロー数が少ない場合は、
50人以上フォローすると、TL(タイムライン)が流れ出して
TwitterやTL(タイムライン)の流れというものをなんとなく実感できるはずです。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 07:05 | Twitter | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。