--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



2014.08.23

Counting Crows、6年ぶりのオリジナル・アルバムがまもなく発売



6年ぶりとなるオリジナルのスタジオ・アルバム「Somewhere Under Wonderland」が
まもなく米国で9月2日にリリースされるCounting Corws。
少し長めの曲ですがあまりミュージック・ビデオにこだわりを感じない私でも
アルバム1曲目の「Palisades Park」のPVが秀逸で思わず惹きこまれてしまいました。

[Google Ad]


続きを読む
スポンサーサイト

[Google Ad]



Posted at 01:35 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2014.05.21

John Mayer来日公演のため大阪へ日帰り弾丸ツアー



去る2014年4月30日、大阪城ホールにてジョン・メイヤーの来日公演に参戦するため
友人のクルマで朝イチで出発、普段乗りなれていないひとのクルマを運転して
伊勢湾岸→名阪→新名神→京滋バイパス経由でお昼前に現地に到着。
ゴールデン・ウィークとは言え平日の中日だったのでとくに混雑もなく、
一緒に行った友人は前日が遅くてあまり睡眠が取れなかったのと
高速代は折半とはいうものの行き・帰りとも運転してもらうのも悪いので
高速に入る前に運転を代わって結局現地までその子のクルマのハンドルを握ることに。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 02:17 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2014.03.26

好きな洋楽アーティストの来日情報を自動レコメンドする方法



興味ある洋楽アーティストの来日公演を知らず逃してしまった!
常日頃から音楽ニュースに目を通し日々アーティストの情報をチェックする。
よっぽどのライブ好きでも「来日してるのを知っていたら行きたかった!」ってこと
とくに海外のアーティストになるとそんな出来事にわたしもたびたび遭遇します。

そこでオススメしたいのが主に海外アーティストのライブ情報を
まとめてチェックできるSongkickというサイトです。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 15:57 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.14

ポール・マッカートニー来日公演のため大阪へ



ビートルズが解散しソロになってからの曲は新盤「NEW」以外は
聴いていなかったものの次にいつ観れるかわからないという気持ちが
大阪公演2日目の当日券という文字で一気に沸き立った。

決して安くないチケット代と遠征費の前に悶々としていた私でしたが、
東京や福岡公演も全日程ソールドアウトというなかでまさかのS席(アリーナ)当日券販売に
「これは行くしかない!」とネットで当日券引き換え券を購入し大慌てで駅に向かう。
時間はすでに14時、いつもの近鉄特急では開場時間の17時に間に合わない。
駅前の金券ショップで新幹線回数券を買うとのぞみでいざ大阪へ。

[Google Ad]


続きを読む

[Google Ad]



Posted at 02:56 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.10.10

The Killers来日公演のため上京



2009年のフジロック、2010年の単独公演キャンセルとなかなか日本でのパフォーマンスを
観ることができなかったThe Killersですが、ようやくその時がきました。



当初は10月7、8日と新木場STUDIO COASTでの公演予定なはずが
7日の公演をキャンセルした上で9日に会場をディファ有明に移しての振替が告知され
事前情報でもチケットの売れ行きが芳しくないと伝え聞いていたので、
行きの新幹線と帰りの高速バス予約してしまっていた遠征組の私はヒヤヒヤ…。



チケットを払い戻すわけにもいかないので不安な気持ちをおさえつつ
いつものようにぷらっとこだまで一路東京へ。
台風24号が近づいていたこの日は富士山も霞んでいます。写真は新富士を過ぎたあたり。

会場の新木場に着いてみると事前情報とは裏腹にけっこう観客多そう…?!
前回のMumford & Sonsのときもどうなることかと思いましたが、
今回も開演直前にはすっかり埋まりました。よかった。
まだまだライブ慣れしてない私ですがこんなに激しく縦ノリなのは初めてでしたね。



ガチャピンな方がステージに上がる一幕もありまして、あっという間の時間でした。
関連記事の中にもありますが彼ら自身もこれだけ熱いファンが
日本にいたことにはさぞビックリしたのではないでしょうか。
わりと前方でみてたのでブランドンの反応でなんとなくそんな印象を持ちました。



いつもなら終了後ダッシュで最終の22:00東京駅発の新幹線に駆け込んでるわけですけど
公演が終わる時間が不確定で乗れないこともあるので事前に予約をとることもできず、
混んでいるのでたまには高速バスを使ってみようということで。
夜行バスの4列シートはつらいだけでしかないので使わないようになったのですが
WILLER EXPRESSのコクーンという独立2列の半個室シートというものがあることを知り
「これなら」と試しに1度乗ってみることにしました。
新宿を深夜に出発するのでこれなら乗れないという心配はほぼなし。



暗い車内で撮影したので詳しくは上の紹介動画をご覧いただくとして、
ようするにカプセルのようなネットカフェみたいなイメージですね。
扉はありませんがシートを倒した際にはプライバシーが確保されるようになっています。
それぞれのシートにはTVモニターもあり一応試してみましたがあまりよく映らず。
走行中なのでまあこれはしょうがないというか。
TVのほかに映画もプリインされているのでこれなら良い暇つぶしになりますね。

さて、肝心のシートですが完全にフラットというわけではなく
公式サイトに「ゆりかご」と表現されているように正確には140度まで倒すことができます。
あくまで私の感想ですがこの姿勢がキツくてどうも馴染めず
シートをすこし倒したくらいでなんとか2、3時間は仮眠できたかな…。
靴を脱いで足を伸ばせるのはだいぶ楽でしたが。
慣れの問題もあるので自身のベストなシート位置を見つけられれば
バスの定員も少ないし周りに気をつかわずに済むので快適なのかしらと思いました。



ちなみにTwitter情報によると9日の振替公演は前日のアレを知ってかガチャピンが2人!
はははは。



【関連記事】
ザ・キラーズ @ 新木場STUDIO COAST | 洋楽ライヴレポート | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
キラーズのブランドン・フラワーズ、来年はソロ作品制作に費やすと明かす | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 20:20 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.12

4月に来日キャンセルとなったThe Lumineersの東名阪ツアーが決定

LumineersLumineers
(2012/04/03)
Lumineers

商品詳細を見る


今年4月の来日公演がキャンセルとなっていたフォーク系バンドThe Lumineersですが、
2014年2月に東京・名古屋・大阪の3都市にて公演を行うとアナウンスされています。

2014/2/6 (Thu) Nagoya CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 19:00
スタンディング 前売り:¥6,000(ドリンク代別)

2014/2/7 (Fri) Umeda CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 19:00
スタンディング 前売り:¥6,000(ドリンク代別)

2014/2/8 (Sat) Shibuya AX
OPEN 17:00 START 18:00
1F :スタンディング 前売り:¥6,000
2F :指定席 前売り:¥6,000
(ドリンク代別)

http://www.smash-jpn.com/live/?id=2015
詳しくは上記SMASH Japanのサイトにて。
先行予約はすでに終了していますが、9月14日から前売り一般発売が開始されるので
公演はまだ少し先の話ですがわたしも参戦しようと思います。




ところで直近のリリース予定で気になっているのはこの2枚。
John Mayerは前作はややカントリー寄りな内容でしばらくそのままでいたのですが
レンタルして何度も繰り返し聴いてるうちにじんわりと染み込んでくるというか。
今回も一見凡庸なように感じてしばらくして良さに気づくのかなあって思ったり。





一方のKings Of Leonはこの界隈では唯一上手くはまるんですよね。
リリース予定は24日ということでまだ予約は入れてないですが即購入するつもりです。
上の動画はそれぞれ最新アルバムのシングルカット曲です。
気になった方はアルバムの方もぜひチェックしてみてください。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 22:47 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.16

Mumford & Sons1日限りの単独公演のため上京



最新作「Babel」が全世界で大ヒットし今年の3月にはフジロックフェスティバル出演も
決定していたMumford & Sonsですが単独公演をするという話は出ておらず…。
国内での人気の低さから半ばあきらめモードだった私ですが、
なんと5月下旬に1夜限りで単独公演を行うことが決定!!
先行予約で早々にチケットを取り約1年ぶりの東京に行ってまいりました。
たしか前回はBen Foldsの公演を観るために
渋谷のCCレモンホールに行ったのだと思うけど記憶があいまい。





早めに東京駅に着くようにしたので外に出て駅舎をパチり。
今回もぷらっとこだまの指定席にプラス1000円でグリーン席を利用しての上京。
こだまには車内販売はありませんが駅売店などで使える1ドリンク券もついてきます。
かつては18きっぷで普通電車を乗り継いだり夜行電車のムーンライトながら、
高速バスなどいろいろ試したもののどれも着くまでにグッタリしちゃうんですよね。
洋楽オルタナ好きと言っていながらライブの場にはあまり足を運んだことがないものの
この来日とこれだけ近くで彼らを観れることが非常に貴重であることも理解していたので
できるだけ良いコンディションで臨みたかったという理由もあります。

都内での慣れない移動や来たことのない会場に戸惑いながらも
公演中何度も鳥肌が立って涙が出そうなくらいだったのはこれが初めて。
それにしてもこの会場の掘っ立て小屋感というか、もうちょっと何とかならなかったのかしら。
余韻もほどほどに最終の名古屋行き新幹線に乗るため、
足早に会場のSTUDIO COASTを後にしました。
次回は10月にThe Killersの来日公演に参加するために再び上京します。
ちょっとした近況報告でした。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 01:10 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.22

Vineで見る音楽情報がわりと楽しい



Twitterに買収された6秒の動画を共有できるサービス「Vine」を活用して
ミュージシャンから音楽メディア、レーベルまでがこぞって
プロモーションを行っていて片っ端からフォローしてみたところこれがわりと楽しい。

6秒動画共有アプリ「Vine」を使った音楽プロモーション事例 | All Digital Music
http://jaykogami.com/2013/04/1890.html
活用次第でファンとつながる、6秒動画共有ツールVineで新曲をプロモーションする世界初のミュージシャンが登場 | All Digital Music
http://jaykogami.com/2013/04/1961.html

活用の解説について詳しくは上記サイトを参照してほしいが、
各アカウントとも6秒という短さを上手く使ってオチをつけたり
パラパラ漫画のようになっていたりとスクロールしているだけでも
写真だけでは分からない雰囲気がなんとなく伝わってきそうだ。









今回ご紹介した音楽メディアにとどまらず海外のTV番組や雑誌の
アカウントなどもあるのでフォローして覗いてみると楽しめるかも。
動画の読み込みが重いのが玉にキズ。

Vine - Vine Labs, Inc.




おすすめリンク
Amazonベーシック Apple認証 (Made for iPhone取得) iPhone5 ライトニングUSBケーブル 約90cmAmazonベーシック Apple認証 (Made for iPhone取得) iPhone5 ライトニングUSBケーブル 約90cm
(2012/12/15)
AmazonBasics

商品詳細を見る

アマゾンの認証Lightningケーブルが1276円(5/23現在)とだいぶ値下がりしてます。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 03:29 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.26

ネットレンタルCDで快適音楽ライフ

以前の記事でもお伝えしたように、今月からソニーMusic Unlimitedなど
オンライン音楽ストリーミング配信サービス各社が値下げに踏み切った。
海外のSpotifyやPandora Radio、Rdioなどが興隆するなか
国内勢もようやく重い腰を上げつつあるようにもみえるが、
UIやアプリの完成度が低く遅れを取り戻すまでの道のりは決して近くない。
使い勝手が改善されるまでにはまだしばらくかかる見込みで
しびれを切らした筆者はネットレンタルDVDサービスを使うことにした。

「ネットで借りてポストに返す~♪」でおなじみのTSUTAYA DISCASだ。
かつてまだTSUTAYA傘下になる前のDIACASはアメリカでネットレンタルサービスが
ヒットしたことを受けて国内でもサービスを開始し2002年から傘下となった。
サービスの詳細は公式ウェブサイトを参照してもらうとして、
ベーシックな月額1958円の定額レンタル8プランで8枚/月までレンタル可能。
(※9枚目以後、DVD/Blu-rayの旧作は借り放題)
この他に4枚/月まで借りられる定額レンタル4(月額980円)プランなどがある。

サービスをご存知ない方は映画レンタルだけかと思われるかもしれないが、
実は音楽CDもなかなか充実したラインナップを揃えている。
洋楽CDに関しては実店舗同様発売したての作品はレンタル提供できないものの
マイナーと思われる作品でも意外と在庫がヒットするのである。

店頭で新作/旧作問わず音楽CDが4枚1000円レンタルされていることを考えると
ネットレンタルを利用した方が若干安いことになる。しかも延滞料金はない。
借りたい作品を片っ端からリストに追加しておくと、
在庫状況やリスト順位などから自動的に発送されるCDが確定し翌日には届く。

20130326 134700
紙製の封筒の中に不織布ケースに入った簡易包装で送られてくる

送られてくる封筒は往復封筒になっていてミシン目に沿って切り取ることで
同じ封筒にCDを入れてポストに投函するだけだ。
先ほど延滞料金はないと書いたが、ポストに投函しそれが
配送センター(東日本/西日本2ヶ所)に届くと自動的に次の作品が送付されてくる。
定額プランの利用枚数レンタルし切れなくても翌月繰り越しされる。

ここで1度ネットレンタルの良い点・良くない点をまとめてみる。

【良い点】
・定額レンタル8プランを初月無料で利用できる(新作は不可)
・在庫の関係で実店舗には置いてない作品もネットならレンタルできる
・実店舗で借りる(CD4枚1000円)よりも安く、延滞料金もかからない
・自宅のポストに届くのでお店まで出かける必要がない
・定額レンタル8プランでは8枚/月を超えても旧作DVD/Blu-rayは借り放題
【良くない点】
・リスト順位や在庫状況から発送作品が自動的に決まるので、
 決まった作品の「すぐ欲しい」に対応できないことがある
・不織布ケースにディスクのみが入っているため歌詞カードやジャケットがない
・郵便ポストに返却するのが意外と面倒になってくる(筆者経験談)

実は筆者はかつてTSUTAYA傘下になる前のDISCASを利用していたのだが、
近年借り放題プランの廃止&値上げが同様のサービス各社で続いており
契約しようかずっと悩んでいた。

それでも冒頭でもお伝えしたようにストリーミング配信サービスが
いまだ利用したいと思える内容ではないことを勘案して、
ネットレンタルでそれまでしばらくの間は様子をみようと決めた。
それに加えて買うまでには至らなかったものの聴きたいCDが
アマゾンの「欲しい物リスト」を圧迫していたりした。

まるで同サービスの回し者のような内容になってしまったが
ステマでもなんでもなく同様に悩んでいる方がいれば
選択肢の1つとして検討してみる価値があるのではないかと思う。
ラインナップに不安があれば下記おすすめリンクから
「CD」を選ぶと非会員でも検索が可能なので試してみるとよい。
洋楽は作品によって在庫がないかのように見えても
カタカナで検索しないと出てこない場合もあるので注意が必要だ。


おすすめリンク

↑こちらのリンク経由で契約すると筆者が(すこし)喜ぶ。笑



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 14:23 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.02.12

2012年によく聴いたアルバム(後編)

前編(第10位~第6位)はこちら

第5位
The Horrible Crowes – Elsie


アメリカのパンクロックバンドThe Gaslight AnthemのBrian Fallonと
ギター・テクニシャンBrian Fallonによるサイドプロジェクト第1弾のアルバム。
リリースは2011年9月と2年前ながら私の中ではかなりのロングヒットとなった。

ElsieElsie
(2011/09/06)
Horrible Crowes

商品詳細を見る


第4位
Train – California 37


私のもっとも愛するバンドTrainの最新アルバムがランクイン。
前作「Hey, Soul Sister」から再起をかけてやや路線を修正した感じがある。
サンフランシスコ出身の西海岸オルタナティヴ・ロックを体現したバンドと言える。

California 37: International EditionCalifornia 37: International Edition
(2012/04/24)
Train

商品詳細を見る


第3位
Alabama Shakes – Boys & Girls


ブルース、ソウル、南部サウンドを基本にしたルーツロック・バンド。
なんとなく垢抜けないルックスとは別に楽曲のクオリティは高い。
先月末の東京公演で来日を果たした大注目バンド。

Boys & GirlsBoys & Girls
(2012/04/10)
Alabama Shakes

商品詳細を見る


第2位
Matchbox Twenty – North


2004年ごろからバンドとしての活動を休止しボーカルRob Thomasによる
ソロ活動がつづいていたがひさしぶりのバンドアルバムがリリース。
佳作ながらも安定感のあるサウンドでヘビロテ上位につけた。

NorthNorth
(2012/09/06)
Matchbox Twenty

商品詳細を見る


第1位
Mumford & Sons – Babel


1stアルバム「Sigh No More」を聴いた衝撃から約3年。
ルーツロック、フォークロックの代表格と言えるのがロンドン出身の彼ら。
ややクセのあるサウンドで今作品は無難にまとめすぎた印象もあるが、
他のアルバムに差をつけ納得の第1位。
第55回グラミー賞ではAlbum of the Yearを獲得している。

BabelBabel
(2012/09/25)
Mumford & Sons

商品詳細を見る




[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 18:06 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。