--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



2013.02.12

2012年によく聴いたアルバム(後編)

前編(第10位~第6位)はこちら

第5位
The Horrible Crowes – Elsie


アメリカのパンクロックバンドThe Gaslight AnthemのBrian Fallonと
ギター・テクニシャンBrian Fallonによるサイドプロジェクト第1弾のアルバム。
リリースは2011年9月と2年前ながら私の中ではかなりのロングヒットとなった。

ElsieElsie
(2011/09/06)
Horrible Crowes

商品詳細を見る


第4位
Train – California 37


私のもっとも愛するバンドTrainの最新アルバムがランクイン。
前作「Hey, Soul Sister」から再起をかけてやや路線を修正した感じがある。
サンフランシスコ出身の西海岸オルタナティヴ・ロックを体現したバンドと言える。

California 37: International EditionCalifornia 37: International Edition
(2012/04/24)
Train

商品詳細を見る


第3位
Alabama Shakes – Boys & Girls


ブルース、ソウル、南部サウンドを基本にしたルーツロック・バンド。
なんとなく垢抜けないルックスとは別に楽曲のクオリティは高い。
先月末の東京公演で来日を果たした大注目バンド。

Boys & GirlsBoys & Girls
(2012/04/10)
Alabama Shakes

商品詳細を見る


第2位
Matchbox Twenty – North


2004年ごろからバンドとしての活動を休止しボーカルRob Thomasによる
ソロ活動がつづいていたがひさしぶりのバンドアルバムがリリース。
佳作ながらも安定感のあるサウンドでヘビロテ上位につけた。

NorthNorth
(2012/09/06)
Matchbox Twenty

商品詳細を見る


第1位
Mumford & Sons – Babel


1stアルバム「Sigh No More」を聴いた衝撃から約3年。
ルーツロック、フォークロックの代表格と言えるのがロンドン出身の彼ら。
ややクセのあるサウンドで今作品は無難にまとめすぎた印象もあるが、
他のアルバムに差をつけ納得の第1位。
第55回グラミー賞ではAlbum of the Yearを獲得している。

BabelBabel
(2012/09/25)
Mumford & Sons

商品詳細を見る




[Google Ad]



スポンサーサイト

[Google Ad]



Posted at 18:06 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.02.12

2012年によく聴いたアルバム(前編)

一昨日は第55回グラミー賞授賞式が開催されたが、
2013年もとうに2ヶ月が過ぎたところで昨年を振り返るという意味で
私がヘビーローテーションしていたアルバムTOP10ご紹介する。
なお、ランキングはLast.fmでの再生履歴を参考にした。

第10位
My Morning Jacket – Circuital


昨年春に来日し名古屋公演のチケットを買うも直前にキャンセル…
アマゾンのレビューに「オルタナティヴ枠内にあるプログレの入ったフォークロック」と
書かれていて上手い表現だなと思った。

CircuitalCircuital
(2011/05/31)
My Morning Jacket

商品詳細を見る


第9位
The Lumineers – The Lumineers


ビルボードチャートでナンバー1を記録するなど大ヒットした
イギリス・ロンドン出身のフォークロック4人組Mumford & Sonsの
アメリカ版ともいえるのがこのバンド。
残念ながら4月の東京公演はキャンセルされてしまったが、
近いうちに改めて来日してくれることを期待する。

LumineersLumineers
(2012/04/03)
Lumineers

商品詳細を見る


第8位
Eagle Eye Cherry – Can't Get Enough


1998年に「Save Tonight」がアメリカでプラチナヒットし
著名なアーティストとの親交も深くアルバム参加もしている。
現在もドイツなどヨーロッパを中心に人気を持つ。
父はジャズトランペッターのドン・チェリー。ストックホルム出身。

Can't Get EnoughCan't Get Enough
(2012/10/04)
Eagle Eye Cherry

商品詳細を見る


第7位
Beach House – Bloom


いわゆる「ドリームポップ」と呼ばれるカテゴリーで
頭ひとつ抜き出てるように感じる彼ら、最近来日公演も果たした。

BloomBloom
(2012/05/15)
Beach House

商品詳細を見る


第6位
Bruce Springsteen – Wrecking Ball


言わずと知れたアメリカを代表するロックン・ローラー。
私にとってはこのアルバムが初のCD購入となった。

Wrecking BallWrecking Ball
(2012/03/06)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る



後編(第5位~第1位)へつづく



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 17:13 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。