--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2009.11.01

Trainの新譜がようやく手元に!!



アマゾンで注文していたTrainの最新アルバム「Save Me, San Francisco」(US輸入盤)が

ようやく手元に届いてさっそくCD音源をコンポでボリュームを大にして聴いてみました~♪

実を言うと発売日の10月27日にはすでにオーダーしていたんですが、

国内の在庫がなかったのかけっこう日数がかかってしまいちょっと焦りましたけど…。

Train(トレイン)の最新アルバムについては 昨日のブログ記事 でも

アウトラインやトレインの情報についてご紹介していますので、よろしければお読みください。


10月31日の記事: Trainがアルバム「Save Me, San Francisco」をリリース!


フルで聴いてみましたが、全体を通してどの曲もシングルカットできそうな名曲ぞろいで、

今までのTrainサウンドを継承したボーカルのパットの声がよく際立つ曲が揃っている印象的でした。

1曲目の「Save Me San Francisco」からこれまでにも増して磨きが掛かった

ピュアなアメリカンロックサウンドを聴かせてくれてついつい惹き込まれてしまいます。

また、「Hey, Soul Sister」ではJason MrazやJames Morrison、KT TUNSTALLなどを手掛けた

Martin Terefeがプロデュースしていることもあってか、珍しくウクレレが使われています。

ある意味この曲が異彩を放っていることは 昨日のブログ記事 にも書いたとおりです。




そんな中でも私がこのアルバムの中で気に入ったのは、

上にもYouTubeを貼りましたが、9曲目の「Brick By Brick」という曲で

まるで「Drops Of Jupiter」のときのような繊細さとPatの爽快感が溢れる歌声、

そしてメロディアスさから絶妙に織り成されるが非常に印象的でTrainを知っている方にも

そしてまったく知らない方にも気に入って貰えるような楽曲になっていると思います。

また10曲目の「Breakfast In Bed」はちょっとアジアンチックなイメージに仕上がっていますし、

最後の「Marry Me」もこれまでの トレインらしさ が良くにじみ出た曲で

全体を通じてこれまでのバンドの良さを継承しつつ、

メロディアスさにも好印象を受けるアルバムになっていると思います。


【2009年11月3日追記】
米AOL MUSICの音楽サイト PopEater にボーカル:Pat Monahanと

ギター:Jimmy Staffordのインタビュー記事とビデオが公開されています。(英文)

Train Show Off 'Soul Sister,' Ukulele in Live PopEater Performance (PopEater)

以下に「Hey, Soul Sister」とパフォーマンスと2人へのインタビュービデオを貼っておきます。






【2009年11月2日追記】
国内でもソニー・ミュージックのサイトにジョン・メイヤーが擁するAWARE RECORDSに参加する

Trainを含め4組のアーティストの作品に使用するキャッチコピーを募集していたなど、

ファンでもほとんど知らない地味なプロモながらもそれなりに力が入っている(?)ようです。

アウェア・レコーズ、所属アーティストのキャッチフレーズ募集!(Sony Music Japan内)

上記の募集はすでに終了していますが、所属アーティストの CD販促キャンペーン が行われます。


【2009年11月5日追記】
11月2日の追記で記載しました、アウェア・レコーズのキャンペーンですが、

ジョン・メイヤーの次期アルバム作「バトル・スタディーズ」の発売延期のため中止となりました。

なお、Trainの国内盤アルバムは予定どおり11月25日に発売されるとの事です。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

アウェア・レコーズ・キャンペーン中止のお知らせ - Sony Music Japan


その他Trainに関する最新情報などは下記の参考リンクからチェックすることができます。


余談ですが、右側の写真、金曜日に行ったアイリッシュパブで飲んでいたら

ハロウィーン仮装したジャック・スパロウがやってきてお菓子をいっぱーいもらいました。




【関連サイト】
The Official Train Site - Trainのオフィシャルサイト(US)
Train(Myspace) - Myspace内のTrainの公式ページ
Train(Facebook) - Facebook内のTrain公式ページ
Train on Twitter - Trainの公式Twitter(ツイッター)ページ
Train Music - YouTube内のTrain公式チャンネル




[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 13:19 | Train (Pat Monahan) | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/102-c9b72359
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。