--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2013.06.13

鳥川のホタルを見に行ってきました。


ISO1600・露出5~8秒(写真は2枚結合)

先日愛知県岡崎市(旧額田町)にある鳥川(とっかわ)ホタルの里に
ゲンジボタルを観察しに行ってきました。ちょうど6月中旬がみごろです。
この地域では保存会が中心となって自然環境を守る活動をされています。
道路沿いには駐車場やインフォメーションコーナー、
廃校の校舎を利用した鳥川ホタル学校でイベントなどが催されており
シーズンになると多くの見物客がやってきます。

鳥川ホタルの里 ほたる情報
http://www.morinoeki.jp/hotaru_20.html
ようこそ岡崎市ホタル学校へ
http://www.morinoeki.jp/hotaru_gakkou/index.html

東名岡崎ICから約1時間、名古屋方面からは国道1号で名鉄本宿駅手前の
本宿町沢渡の信号を左折して山間の道を進むこと数十分で到着します。


大きな地図で見る

途中道幅の細い箇所がありナビによっては行き違い困難な道を案内してしまう
こともあるようなのであらかじめルートを確認しておきましょう。
上記の鳥川ホタルの里ホームページでは混雑時の迂回ルートも案内されています。

上のGoogleマップで言うとちょうど「岩塚田」と書かれているあたりが
インフォメーションコーナー(鳥川集会所隣)でその左下「小デノ沢」がホタル学校です。



現地は駐車場やインフォメーションコーナーのすぐ横に田んぼがあって
その横に川が流れており民家や街灯もまばらなため、
最盛期には到着してクルマのライトを消すと窓からでも
飛んでいるホタルの緑色の光を確認することができます。
ホタルの飛ぶ川沿いはあぜ道で暗くなると川や田んぼとの
境界がわかりづらいため日没1時間ほど前に行って
まだ明るいうちに現地を確認しておくことを強くおすすめします。
日が暮れると本当に真っ暗なので。
観察ポイントは川沿いの道路にA~Jの看板があるので目印になります。



わたしもここに来るまでホタルは1度も見たことがありませんでしたが
現地では「すぐ目の前にホタルがいる」なんてことも。

地元の鳥川ホタル保存会が毎日飛翔数の観測をして
前述のサイトで公開しているので参考にしてください。
山間部ということで夜は冷えるのと虫に刺されるので服装には注意してくださいね。
携帯電話もドコモ、au、ソフトバンク共繋がりますが場所によっては圏外です。

ちなみに私はごく普通のコンデジとミニ三脚で撮影しましたが、
マニュアル設定ができるものでないと厳しいと思います。三脚は必須です。



おすすめリンク
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL3 レンズキット ホワイト E-PL3 LKIT WHTOLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL3 レンズキット ホワイト E-PL3 LKIT WHT
(2011/09/03)
オリンパス

商品詳細を見る

旧モデルのE-PL3ブラック(レンズキット)が22800円(6/13時点)となっています。



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 19:04 | 旅行・お出掛け | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/166-218c1a14
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。