--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2013.06.27

ジェットスターで名古屋から鹿児島へ(パート3)

パート2からのつづき2泊3日鹿児島旅行のパート3、3日目。

最終日は今回のメインと言ってもいい九州観光列車の旅。
特急くまがわ、観光列車いさぶろう号、特急はやとの風に乗る。
JR九州は観光列車に力を入れており、下記サイトで詳しい情報を確認できる。

JR九州の列車たち ~JR九州 観光列車・新幹線~
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/

鹿児島中央駅を7:29に発車する新幹線に乗るため5時半起床。
鹿児島に着いてから連日の早起きで泥のように眠い。




6時半ごろにホテルをチェックアウトし市電に乗るためまだ人気の少ない通りを歩く。
Googleマップ片手にしばし歩くと市電の走る通りに到着。
昨夜中央駅までの乗り換え案内を調べておいたので、
電停に着くとすぐやってきた電車に乗り込む。1乗車160円。

[Google Ad]






部活の朝練習に向かう高校生と私の3名を乗せ15分ほどで中央駅前に到着。
帰りの空港連絡バスのきっぷを買うためバスターミナルへ。
早朝だったので窓口は閉まっていたものの自動券売機があった。




鹿児島中央駅の改札前は朝のラッシュで慌しい。
現金の持ち合わせが少なくなってきたのでコンビニに入ると
「この時間はお取扱できません」とキャッシュカードを戻される。
E-netなどコンビニATMではなく地銀ATMがそのまま置かれていて
駅周辺2件まわったがどちらも利用できない…これは想定外。
あきらめて新幹線改札を通るとイオン銀行のATMがポツンと立っていた。
まさか改札の中で下ろせるとはね。無駄に駅前を歩き回った。




07:29 鹿児島中央駅
↓(つばめ334号 博多ゆき)
08:14 新八代駅


今回は観光列車に乗るのが目的なのでそれに間に合わせるため新幹線を使う。
東海道新幹線以外に乗るのはこれが初めて、JR九州らしい内装のつばめ号に乗車。
自由席は会社員たちで混んでいたが指定席はガラガラである。




ほぼトンネルの連続だったので携帯の電波も安定せず
デジカメの写真をiPhoneに転送したり車内誌を読んで過ごす。
新八代駅で下車、わたしのほかに降りた客は確認できなかった。



ここからがメインの列車旅。
乗り換えにはまだ時間があるので駅前をウロウロする。




雨が本降りになってきたころ目当ての特急くまがわが入線してきた。

08:58 新八代駅
↓(特急くまがわ1号 人吉ゆき)
10:00 人吉駅


車両前面には九州横断特急と書かれている。
列車は2両編成で、私の乗った1号車は乗客5名ほど。
女性車掌が乗客1組ずつに声を掛けながら乗車記念証や飴の配布をしてくれた。
観光列車らしくポイントごとに車内放送で車窓の案内も行う。




列車はくま川沿いに進み乗り換えの人吉駅に到着。

10:08 人吉駅
↓(いさぶろう1号 吉松ゆき)
11:21 吉松駅


ここからは観光列車いさぶろう号に乗る。




さっきの特急くまがわの乗客がそのままスライドしている。乗車率2割ほどといったところか。
運転本数の極めて少ない路線のため地元の方と思われる乗客もいた。
夏休みともなればもっと賑わっているのだろうがこれくらいの方が気兼ねなく楽しめる。




このいさぶろう号は霧島連山や桜島をのぞむ日本三大車窓と
日本で唯一ループ線の中にスイッチバックがある駅を楽しむことができる。
元の車両の古さは否めないが内装はリニューアルされ
木製インテリアのレトロ列車になっている。
多くの赤字路線を抱えるJR九州が古い車両を改装し乗客を呼び込もうと
いま全国各地で盛り上がっている観光列車のパイオニアというわけだ。




列車はループ・スイッチバックのある大畑(おこば)駅に到着。
駅舎の壁にはあちこちに名刺が貼られている。
ここに名刺を貼ると出世できるのだと女性車掌から案内があった。



さっきまでいた駅が遠くに小さく見えるのがお分かりいただけるだろうか。




車内では記念グッズとお弁当の販売が始まりまたしても
朝から何も食べてない筆者は待ってましたとばかりに飛びつく。
そういえば駅弁を食べたときってこれまでほとんどない気がする。







次に停車した矢岳(やたけ)駅では駅舎のすぐ隣にSLが保存されている。
地元のひとが営む直売があったが無人で急遽女性車掌がおつりを数える場面も。
どの駅でも5分ほど停車し発車時刻が近づくと運転手がベルで知らせてくれる。






矢岳駅を出発した列車は日本三大車窓の地点へ。
晴れていれば素晴らしい景色が広がっている…はずなのだが、
あいにくの台風4号接近による悪天候でご覧のとおり真っ白でなにも見えない。
列車のモニタには晴天時の景色を映像で流していた。
台風の接近が早まって列車が運休することも考えていたので
無事乗ることができただけで十分、こればかりはどうしようもない。




列車は真幸(まさき)駅を出て再びスイッチバックすると終点の吉松駅へ。
ここからは特急はやとの風に乗り換える。
早めに指定席券をおさえるつもりだったが、
はやとの風は早々に売り切れてしまっていたのであえなく自由席。

11:24 吉松駅
↓(特急はやとの風1号 鹿児島中央ゆき)
12:48 鹿児島中央駅


どの列車もベースの車両は同じで内装などが若干異なるようだ。
それにしてもどの駅も木造の趣のある駅舎で良い味だしてる。




途中の駅でツアーで来たと思われる観光客が列車に乗って見学していった。
ツアールートに含まれているのだろうか。
なんとなく人の家に上がりこまれている気分になる。




鹿児島中央駅が近づくにつれ乗客も増え車窓からは桜島フェリーが見える。
晴れていれば桜島もクッキリ見えたことであろう。
この旅もそろそろ終わりに近づこうとしている。




鹿児島中央駅に着くとおみやげを買いそのまま空港連絡バスに乗る。
空港連絡バスが発車する東21番のりばは鹿児島中央駅向かいの
鹿児島中央ターミナルビル(南国高速バスセンター)1Fから発車する。
本数はまったく問題ないが空港への直行バスと
経由便で所要時間が若干異なるため時刻表で確認しておこう。


大きな地図で見る

空港に着きジェットスターのチェックインカウンターでスーツケースを預け
展望デッキへ行くとANAのボーイング787型機がプッシュバックしていた。
これ目的にデッキに来ていたひともいるようだ。




保安検査場を抜け搭乗口に向かっていると台風4号による悪天候で
離島路線で一部条件付き飛行になるとのアナウンスが繰り返し流れている。
1日遅かったらわたしの乗る便も危なかったかもしれない。
帰りのフライトはジェットスタージャパンGK466便
16:10 鹿児島空港発→17:30 中部(セントレア)着




予定よりすこし遅れて名古屋行きが到着。
ソラシドエアと入れ替わりでジェットスターの飛行機がやってきた。
搭乗ゲート前は乗客たちであふれている。
鹿児島空港でもボーディングブリッジを使用しての搭乗となる。
搭乗が終了しプッシュバックしてからも着陸待ちと
先発のJAL機離陸待ちで30分ほど遅れての離陸。




悪天候の影響でとにかく揺れる、隣に座っていたおばあちゃんは
セントレアに着いたころには小さくうずくまっていた…。
帰りのフライトは行き以上の盛況ぶりでほぼ満席に近い。
LCC就航でさながら大国内旅行時代が到来し、利用者にも徐々に浸透しているようだ。
今回は98円セール運賃での利用だったが普通運賃でも十分安いので
今後も予定が合えば積極的に使っていこうと思う。


おすすめリンク
サイレンシア フライトサイレンシア フライト
(2003/01/07)
日本シイベルヘグナー

商品詳細を見る

私は飛行機に乗ると気圧の変化でいつも耳鳴りがひどいのだが、
それを軽減してくれる耳栓。今度乗るときは試してみようっと。


[Google Ad]



Posted at 00:34 | 旅行・お出掛け | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/169-40f7c497
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。