--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2013.10.10

The Killers来日公演のため上京



2009年のフジロック、2010年の単独公演キャンセルとなかなか日本でのパフォーマンスを
観ることができなかったThe Killersですが、ようやくその時がきました。



当初は10月7、8日と新木場STUDIO COASTでの公演予定なはずが
7日の公演をキャンセルした上で9日に会場をディファ有明に移しての振替が告知され
事前情報でもチケットの売れ行きが芳しくないと伝え聞いていたので、
行きの新幹線と帰りの高速バス予約してしまっていた遠征組の私はヒヤヒヤ…。



チケットを払い戻すわけにもいかないので不安な気持ちをおさえつつ
いつものようにぷらっとこだまで一路東京へ。
台風24号が近づいていたこの日は富士山も霞んでいます。写真は新富士を過ぎたあたり。

会場の新木場に着いてみると事前情報とは裏腹にけっこう観客多そう…?!
前回のMumford & Sonsのときもどうなることかと思いましたが、
今回も開演直前にはすっかり埋まりました。よかった。
まだまだライブ慣れしてない私ですがこんなに激しく縦ノリなのは初めてでしたね。



ガチャピンな方がステージに上がる一幕もありまして、あっという間の時間でした。
関連記事の中にもありますが彼ら自身もこれだけ熱いファンが
日本にいたことにはさぞビックリしたのではないでしょうか。
わりと前方でみてたのでブランドンの反応でなんとなくそんな印象を持ちました。



いつもなら終了後ダッシュで最終の22:00東京駅発の新幹線に駆け込んでるわけですけど
公演が終わる時間が不確定で乗れないこともあるので事前に予約をとることもできず、
混んでいるのでたまには高速バスを使ってみようということで。
夜行バスの4列シートはつらいだけでしかないので使わないようになったのですが
WILLER EXPRESSのコクーンという独立2列の半個室シートというものがあることを知り
「これなら」と試しに1度乗ってみることにしました。
新宿を深夜に出発するのでこれなら乗れないという心配はほぼなし。



暗い車内で撮影したので詳しくは上の紹介動画をご覧いただくとして、
ようするにカプセルのようなネットカフェみたいなイメージですね。
扉はありませんがシートを倒した際にはプライバシーが確保されるようになっています。
それぞれのシートにはTVモニターもあり一応試してみましたがあまりよく映らず。
走行中なのでまあこれはしょうがないというか。
TVのほかに映画もプリインされているのでこれなら良い暇つぶしになりますね。

さて、肝心のシートですが完全にフラットというわけではなく
公式サイトに「ゆりかご」と表現されているように正確には140度まで倒すことができます。
あくまで私の感想ですがこの姿勢がキツくてどうも馴染めず
シートをすこし倒したくらいでなんとか2、3時間は仮眠できたかな…。
靴を脱いで足を伸ばせるのはだいぶ楽でしたが。
慣れの問題もあるので自身のベストなシート位置を見つけられれば
バスの定員も少ないし周りに気をつかわずに済むので快適なのかしらと思いました。



ちなみにTwitter情報によると9日の振替公演は前日のアレを知ってかガチャピンが2人!
はははは。



【関連記事】
ザ・キラーズ @ 新木場STUDIO COAST | 洋楽ライヴレポート | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト
キラーズのブランドン・フラワーズ、来年はソロ作品制作に費やすと明かす | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト



[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 20:20 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/174-12ff0d68
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。