--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2014.03.26

好きな洋楽アーティストの来日情報を自動レコメンドする方法



興味ある洋楽アーティストの来日公演を知らず逃してしまった!
常日頃から音楽ニュースに目を通し日々アーティストの情報をチェックする。
よっぽどのライブ好きでも「来日してるのを知っていたら行きたかった!」ってこと
とくに海外のアーティストになるとそんな出来事にわたしもたびたび遭遇します。

そこでオススメしたいのが主に海外アーティストのライブ情報を
まとめてチェックできるSongkickというサイトです。

[Google Ad]



Facebookアカウントから簡単にログインしているので登録を済ませ、
自分の住んでいるところ近くのロケーションを設定します。
洋楽バンドの場合東京や大阪のみで公演を行うことも多いので、
自分の住んでいる都市のほかに東京・大阪・名古屋なども合わせて追加しましょう。

もちろん自分の興味のあるアーティストを手動で追加していくこともできますが、
iPhone・AndroidスマートフォンやWin/Macの主要なオーディオプレイヤーで
楽曲の再生履歴を蓄積してくれるLast.fmがあると非常にデータ精度を高めてくれます。
定期的に配信してくる今後開催のライブ情報メールはなかなかの精度です。



WindowsやMacの場合はLast.fmにアクセスして無料登録を済ませてから
Last.fm Scrobblerをインストールしましょう。(画像左)
おそらく多くのひとがPCで音楽を再生する際に使っている
iTunesやWindows Medeia Player、Winampなどに対応しています。
Last.fm Scrobblerの「ファイル」→「プラグインのインストール」を行って下さい。
あとはプレイヤーを開いていつも通り音楽を聴くだけで再生履歴が自動的に
Last.fmに送信されます。iPhoneで音楽を聴く場合もiTunesで同期するタイミングで
Scrobblerが再生履歴を送信するポップアップ表示をしてくれます。

iTunesとの同期はほとんど使わないというひと向けには
iOS標準のミュージッアプリ以外でGrooveというプレイヤーがLast.fmに対応していて
アプリとしての使い勝手や機能に優れているのでおすすめです。
また、CloudScrobというアプリを入れるとiTunesに同期することなく
起動するだけで標準ミュージックアプリで再生した履歴を送信できます。

Androidスマートフォンの場合はGoogle PlayからLast.fm公式アプリを入れて
GoogleミュージックなどLast.fmに対応しているプレイヤーであれば
バックグラウンドで自動的に再生履歴を送信してくれます。(画像右)
Last.fmは海外ではとてもポピュラーなサービスなので、
ほとんどの海外作成者の音楽プレイヤーではLast.fmとの連携機能を備えています。



Last.fm自体はとても地味なサービスであるようにみえるかもしれませんが、
前述のように海外のプレイヤーはほぼ例外なく再生履歴の送信に対応しているように
再生した履歴が数千、万単位になってくると過去数ヶ月、全期間という単位で
どのアーティストや曲を再生したのかという蓄積ができて
これまで聴いてきたテイストに近いバンドも表示してくれるので
普段は対応音楽プレイヤーで再生してたまーにウェブサイトにアクセスすると
海外で一定の市民権を得ているサービスの真価を実感できるはず。

いわばライフログの一種ですね。

上記画像のようにLast.fm単体でもバンド毎にライブの情報を提供していますが
これがSongkickと合わさったときまさに最適な来日アーティスト
公演情報サービスが完成できると言っていいでしょう。



Songkickのサイトにログインするとホーム画面右下に上記画像のような
項目がみつかるはずです。ここで登録したLast.fmのIDを入力しインポートすると
手動で好きなアーティストの公演情報を検索することなく、
これまで再生したアーティストが一括して登録されます。
ホーム画面であるダッシュボードには登録したロケーションに基づいて
日付順にライブの開催情報が表示されます。
もちろんロケーションごとに公演情報を閲覧することも可能です。



SongkickについてもiOS/Androidともにアプリが提供されていますので
そちらから再生履歴をインポートすることもできます。(上の画像はiPhone版アプリ)

それぞれのサービスを個別に使っても十分活用できますが、
ぜひこの2つを組み合わせて快適な来日バンドのライブ生活を!
もしこの記事がお役に立ったら記事下の「拍手」クリックをお願いします。



おすすめリンク
SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き  ブラック MW600/BSONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
(2010/05/21)
ソニー

商品詳細を見る

FMラジオ機能もついて高性能なBluetoothワイヤレスヘッドセット
スマートフォンとセットで使いたいですね。


[Google Ad]



Posted at 15:57 | 洋楽 | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/181-f083857b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。