--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2014.10.23

InterFM NAGOYAがローカルキャンペーンを展開!




テレビ・ラジオともに1クール毎(3ヶ月)に番組の改編が行われています。
InterFMに関しては株主がこれまでのテレビ東京から木下工務店の子会社に変わり
ピーター・バカラン氏を執行役員に迎え名古屋支局の開局など
「The Real Music Station」として再出発を切ったところでした。






ところが、バラカン氏が任期満了に伴い役員を退任するなど
先行きが不透明になった矢先に看板番組である「バラカン・モーニング」の終了が
発表されその他多くの番組が終了あるいは枠移動したほかにも平日時間帯に
ノーDJのMusic Mixを複数回入れるなど経営体力等で今後が不安視されていますが
なんとか今回の10月改編では体裁を保った印象があります。
一方で「バラカン・モーニング」最終回の中でも言及がありましたが、
定時の共同通信社からのニュースとジャティックの交通情報は姿を消しました。

そんな中、10月から新たに金曜・土曜日の深夜に名古屋局のローカル編成として
ブラジルのTransamericaの番組が加わり、Music Mixについても名古屋局独自の
「60☆758 -InterFM Music Mix-」がスタートし本局とは別編成枠が設けられました。
その他にも東京とは別編成の枠が2つあります。

[Google Ad]



前者のTransamericaについては東海地方(とくに豊田市や浜松市など)は
日系ブラジル人居住者が多いこともありかつて名古屋市中区にあったコミュニティFM局
FM DANVOが2005年9月ごろからRadio Transamericaとして在日ブラジル人向けの
全国ネット放送を日本法人のTransamerica Japan制作番組として開始し、
のちに全ての番組がTransamericaの放送になった経緯があります。(その後廃局)

後者の「60☆758 -InterFM Music Mix-」は60は60min.(分)
758は言うまでもなくナゴヤで本局とは別に選曲された音楽が流れるようになりました。
10月20日からはEveryone’s Winner Campaign!!としてInterFM NAGOYA独自に
宣伝CMで流れるキーワードとリクエスト、感想・意見などをメールで送り
抽選でレジャー施設チケットなどをプレゼントするキャンペーンが開始されました。
また名古屋局のプロトタイプ・ステッカーを応募者全員にプレゼントするとしています。
(東京本局の周波数部分76.1MHzを名古屋の79.5MHzに変更したのみとのこと。)

http://www.interfm.co.jp/musicmixnagoya/

詳細は上記URLの応募要項をご覧ください。


[Google Ad]



Posted at 22:44 | ラジオ | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/192-ba1ea3a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。