--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2015.11.09

InterFM NAGOYAが10月からRadio NEOに、新ステッカー届く。

interradioneo.jpg

10月の改編を機にこれまでInterFM NAGOYAとして掲げていた
ステーションネームをRadio NEOに変更し新たな船出となった名古屋局。
同様に東京のInterFMでもこれまで使用していた76.1MHzという周波数から
89.7MHzへと変更が行われ送信アンテナもアナログテレビ停波を機に
東京タワー上部へと移設されより広い範囲での聴取が可能になりました。
また、ステーション名もInterFMからInterFM 897(はちきゅうなな)に。
76.1MHzでの送信は10月をもって終了し、89.7MHzに一本化されました。

[Google Ad]



これまで名古屋は東京の 支局 としての扱いでしたが
ステーションネーム変更により独自製作番組枠が拡大し、
朝7時からのThe Vance K Showが東京のみでも放送となり
後番組には元フジテレビのお天気キャスターがDJを務めるローカル枠に。


ただ、社名としてはInterFMのままで概ね東京からの同時放送を継続しており
その他夜20時からのローカル枠を除くとさほど変わった印象はありません。
朝の枠についてはRADIO-i時代のDJが戻りEDM系に傾いていますが、
全体としてある程度バランスを保っている感じを受けます。
一部コーナーについては東京との同時放送となっていて事実上支局と言えます。

ただ、東京からのネット番組については基本的にRadio NEOの名前が出ることはなく
ジングルもそのままInterFM 897と流れるのがインターといったところでしょうか。

InterFM NAGOYA開局当初に看板番組の1つであるThe Dave Fromm Showを
名古屋のスタジオからオンエアした際、名古屋局のステッカーを作ろうという話題が
持ち上がりプロトタイプステッカーを発行した事があり私も送っていただきました。
Radio NEOになってからは新ステッカーが正式に作成され新旧が揃いました。
ある意味これは永久保存版と言ってもいいのではないでしょうか。

Radio NEO、しいてはInterFMの今後はまだ不透明な部分も多いですが、
東京では新たにサテライトスタジオを設けそこから1日2番組のO.A.を始めました。
名古屋から聞いている私としては、どうしてもRADIO-i閉局がまだ記憶にしっかりと
残っていますし、Radio NEOに関しても豊橋中継局は設置されていませんが
自局単独での建設はかなり困難と思われます。


一方で日曜日の早朝にこの地方の各財界人を招いてトークをする番組をスタートし
第1回目は大村秀章愛知県知事を迎え、その後も中日新聞社長、
ntp名古屋トヨペット社長やカレーハウスCoCo壱番屋の創業者など
ステーションネーム変更によってこの地に根付くべく取り組みも見られます。


[Google Ad]



Posted at 18:17 | ラジオ | COM(0) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/197-bca6b4f2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。