--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2008.09.05

定期「ムーンライトながら」来春廃止へ

現在、大垣~東京間を毎夜運行している夜行快速「ムーンライトながら」が
来春で定期運行を廃止する方向でJR東海・東日本が検討していることが朝日新聞の記事で明らかになった。

ウチがこのニュースを知ったのは今日の事。

あるメールマガジンを通してだったが、その衝撃は計り知れない。

ウチ自身も幾度となく利用したあの「ムーンライトながら」がまさかなくなるとは・・・。

記事によると、青春18きっぷ利用期間と重なる繁忙期には臨時運行という形で残るようだが、

夜行バスに客を奪われ、閑散期の乗車率は惨憺たるもの。

今や名古屋~東京間を3,000円で行き来できるのだから劣勢は明白。

90年代前半から鉄道ファンの間ではまことしやかに廃止が囁かれていたが、それが現実となった格好だ。

詳しくはJRからの正式リリースを待つ他ないが、定期運行している「ムーンライトながら」を

18きっぷシーズンに補完する形で運行している「臨時大垣夜行」の存廃も危ぶまれる。





車酔いが激しく、しかも窮屈なバスに長時間乗ることができない私にとって

夜行列車の存在はまさしく青春時代そのものだった。

「ムーンライトながら」がまだ自由席制だった頃は

よく通路やデッキに新聞紙を敷いて壁にもたれながら電車に揺られたものだった。



「ムーンライトながら」には苦い記憶も淡い青春時代もすべてが詰まっている。

遠距離恋愛をしていた彼女に逢いにきっぷ片手に何度あの電車に飛び乗ったことか…。

お金のない学生時代、この電車には本当にお世話になった。

今では遠出をすると言えば新幹線や特急列車を利用することも多くなったが、

夜行列車のロマンというか色んな人の様々な”想い”を乗せて走るこの電車も

廃止が相次ぐ寝台特急と同じようにその役目を終えつつあるのだろうか。


【関連記事】夜行「ムーンライトながら」臨時化へ 18きっぷで人気(朝日新聞社)




[Google Ad]




[Google Ad]



Posted at 18:29 | 旅行・お出掛け | COM(2) | TB(0) |
この記事へのトラックバックURL
http://myprivatenation.blog105.fc2.com/tb.php/62-d38c7ee0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
たぶん、いちばんやめたがっているのはJR東海だと思います。でも、あの伝統ある「ながら」を生かす手段はまだまだあると思ってます。これからも「定期存続」に向けてこの話題を盛り上げたいと思います。
Posted by りぼん屋たえね at 2008.09.06 13:39 | 編集
はじめまして。
最近になって青春18きっぷの利用を始めた者ですが、JR西日本とかと比べるとJR東海は青春18きっぷの宣伝は全くしていないようですね。鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷにいたっては、私の知り合いが問い合わせたところ「そんな切符は知らない」と言われてしまったそうで、新幹線の安定収入の上にあぐらをかいた殿様商売には全くあきれてしまいます。いっそのこと、国鉄が分割・民営化される際に新幹線と在来線も分割されて別会社になってしまえば良かったのにと思うのは私だけですかね。
Posted by まちえ at 2008.09.30 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。